d-hackesr_tobira02.jpg

これまで出演された電音なハッカーズ達

paravora_20015_gray.jpg

Paravora

関西を拠点にVJや映像制作を行う。
枠内の表現だけに捕らわれない空間演出を提案する傍ら、自治会の上映会から子供向けワークショップなど幅広く活動する。

isei_ben_72dpi_gray.jpg

isei ben

音の生成過程に興味があります。電気信号は可聴域に達すると音として認識されますが、そうでない信号(主に低周波)は唸周波と呼ばれ波形や電圧に変化を与えます。この単純なふたつの要素を操作すること、捕まえることで、音の輪郭に触れようとしています。

Tetsuo_Jai_Takahashi_72dpi_gray.jpg

Tetsuo Jai Takahashi

1990年代初めより音楽環境ソフトウェアMAXと取り組み、自動生成や音響合成などプログラムを使い即興的なコンピュータによる演奏を試みる。昨年よりeurorack Modular Synthを軸に即興演奏、ライブエレクトロニクスを模索。シンセモジュールの自作、設計を試みている。

14弦、ヴァイオリン、チェロ、クラシックギター3人による即興バンドCorps sans Organe、アムビエント、エレクトロニカ等で活動するメンバーでのアムビエント即興ユニットJai Machine 2nd Album製作中。

http://www.astrolabel.net/wp/

yullippe_img01_bk.jpg

Yullippe

大阪出身の女性プロデュサーYuri Uranoによるソロプロジェクト。
インダストリアルなテクノサウンドと、自身の”声”を武器にした独特な世界観を展開する。

2011年、男女ツインボーカルバンドの代名詞、少年カミカゼのサポートマニュピレーターを務め、その後2012年より本格的に活動を開始。

2014年には元ロックマガジン編集長であり、音楽評論家の阿木譲氏に抜擢され、六本木SuperDeluxeにて行われた0g night「DO BLOOM IN THE SILENCE」に出演。及び、カセット音源を限定販売し即日Soldout。
同月には国産テクノレーベルDifferent10より1st EP「Crash & Reborn」を配信リリース。
10月にはRedBull MusicAcademyイベントプログラム「Lost in Karaoke」にてTofubeats、Seihoと共に関西を代表する若手新気鋭トラックメイカーとして出演を果たす。
そして待望の1st Album 『Night Flower』をリリース。
12月には日本を代表するテクノアーティスト、サワサキヨシヒロ率いるNaturally Gushing Electric Orchestra(NEGO)のメンバーとして温泉地を舞台にした音楽フェス「音泉温楽2014・冬 信州長野 渋温泉@金具屋」に出演。
DE DE MOUSEや元Sonic YouthなどのメンバーJim O’Rourkeなどジャンルを超えて数多くのアーティストとの共演する。

今年にはBamdcamp内でEP「Loop Bell」をName your priceにてリリース。

各音楽ブログやサイトにて掲載され、より世界からの注目が集まる。
近日はトラックメイキングと平行して、シンセサイザーを使った即興パフォーマンスやフリーモデルとしても活躍している。

http://yullippe.tumblr.com/

kimitaka_matsumae_img_bk.jpg

松前公高

1963年大阪生まれ。
1987年アルファレコードから山口優とのユニット「エキスポ」でデビュー。 その後、世界初のゲームミュージックバンド「S.S.T.BAND」を結成。ポニーキャニオンよりアルバム14枚(ベスト盤3枚を含む)、DVD,ビデオなども発売。
また岸野雄一、常盤響、MintLeeとのユニット「スペースポンチ」でも不定期に活動している。

ゲーム、テレビ番組、アニメ等の音楽を多数制作。
最近の代表作として、NHKみんなのうたの「おしりかじり虫」、NHK「大科学実験テーマ曲」、アニメ「キルミーベイベー」「たまこまーけっと」など。

京都精華大学非常勤講師。
今回はKORG MS-20を使ったソロ演奏を行う。

http://goo.gl/BeL3Hc

kaseo_img01_bk.jpg

Kaseo (bEnt or diE?)

1969年生まれ。岐阜県在住。
既製の電子玩具などをハードウェアレベルでハッキングし、改造の限りを尽くすことで独自の楽器を新たに産み出す「サーキットベンディング」の手法を用いた表現で構成されるライヴパフォーマンスを展開。

代表作にピカルミンなど。bEnt or diE?

https://twitter.com/pikaseo_

djpke_img01_bk.jpg

dj.p.k.g.

幼少期、身近に工作環境があったことから自然に工作に興味を持つ。
2006年、独学でチマチマやっていた工作の方向性を大きく変える「サーキットベンディング」に出会い衝撃を受ける。
面白さを広げるべく数年後より各所でサーキットベンディングワークショップを開催。どの回も大盛況となり各方面に衝撃を与えた(…はず?)。
最近は、工作だけでなくDJや手品方面でも活動中。
全体的に深くも無く、広くも無い知識範囲を武器に日々のんびり過ごしている。
好きな言葉は「無駄にすごい」。

http://twitter.com/djpkg

rakasu_b.jpg

RAKASU PROJECT.

京都市在住、音楽家。電子音響音楽から商業音楽制作まで、幅広い活動を行う。
坂本龍一・矢野顕子プロデュースアルバム「Demo-Tape1」、坂本龍一トリビュートアルバム「music plans skmt tribute」参加。

2005年には「昭和40年会 七人も侍」展 (広島市現代美術館) にて、土佐正道、九十九清美とともにバンド「前明和電機社長土佐正道とThe広島グッドデザイン」(現:『明和電機会長土佐正道とThe広島グッドデザイン』)を結成、 広島と東京でライブ活動を行う。
2006年から、サウンドアーティスト有馬純寿とラップトップデュオユニット「RPSA」を結成、全国各地でライブ活動を行うほか、フジタダイスケ、酒井康志、寺内大輔、船田奇岑、等、多数のアーティストと共演。

近年では、コンピュータに内蔵された各種センサーを使用したパフォーマンスや、Max/MSPやGainerを活用したサウンドインスタレーション制作なども手がけている。

現在、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 特任准教授。 同志社女子大学と帝塚山学院大学で非常勤講師を務める。

zonbi_b.jpg

Saya Nishida (zonbi)

音楽家。
エレクトロ喫茶主宰。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コース非常勤講師。

シンセサイザー、ギター。シンセポップバンドGypsy Curiosaを率いる。
また、モジュラー奏者Unyo303とのEnvelope77や、サワサキヨシヒロ率いるNaturallyGushing Electric Orchestra、船田奇岑とRAKASU PROJECT.とのipso factoなど、様々なユニットやバンドで演奏活動をしている。

http://office-saya.com
https://twitter.com/zonbi
https://www.facebook.com/saya.nishida

unyo303_b.jpg

Unyo303

2007年の「シンセサイザーフェスタ大阪」にて、モジュラーシンセサイザーのみによる、即興演奏をおこなう。

過去ではなく、現代のモジュラーシンセサイザーの表現を模索しつつ、2007年以降、多数のライブに出演。PCやMIDI機器を一切使わず、モジュラーシンセサイザーだけによる即興演奏は、五線譜と時間軸の概念から飛び出したサウンド放ち、聴く人を不思議なシンセサイザーサウンドの世界へ誘っている。

京都在住の電子音楽アーティスト、西田彩とのデジタル音とアナログ音が交差する、ドローンサウンドなユニット、「Envelope77」でも活動中。

ソロワークの他に様々なアーティストとのコラボレートでも活動。

大須賀淳監督による大阪を舞台にした、日本初のシンセサイザードキュメンタリー映画「ナニワのシンセ界」に出演。
「DOMMUNE/KANDA INDUSTRIAL」にて、SILENT MODULAR WARS!!に参加。
大阪nu thingsにてモジュラーシンセによるライブイベント、「モジュラーフェスティバルvol.1〜vol.5」主催。

http://www.unyo303.com/

nico_b.jpg

nico

高校で産業デザイン科専攻。
専門学校ではビジュアルデザイン学科、イラストレーション専攻。
卒業後、テキスタイルデザインや、ウエディングフォトの編集デザインなどの職に就く。

現在は、プラバンとUVレジンを使って、アクセサリーや携帯アクセサリーなどを作ってアート系のフリーマーケットに出没して販売している。

「電音ハッカーズ」では、キャラクターデザイン、及びフライヤー・デザインを担当。

http://ameblo.jp/nicoatom/

LINEクリエイターズスタンプ発売中!!
「ニコ×バツ」
http://line.me/S/sticker/1063214